剛毛でもレーザー脱毛できれいになるの

ムダ毛の処理はどんな場所であれ、面倒ですし、何度も何度も処理しないといけないので嫌になりますよね。

特に、剛毛だと目立ちますし、処理しても毛穴から見えてしまいますし、毛抜きで抜いても毛穴が開いて鳥肌のようになってしまいますから、できることならぜひ脱毛しておきたいですね。


しかし、太くて硬い毛なのに、レーザーできちんと脱毛できるのか心配になってしまうところはありますよね。

何度通っても効果がないのなら、レーザー脱毛に通っても意味がありません。

まずレーザーのメカニズムなのですが、これはメラニン色素に反応して破壊するものなのです。



これを利用し、黒い色素をもつ毛細胞を破壊するという方法で毛根を死滅させるんです。



ということは、黒い色素が強いほど、反応が良いということになりますね。

実は細くて薄い毛より、太くて硬い毛の方が、早く効果が現れ、脱毛完了も早いんです。ただ、太くて硬い毛は根がしっかり張っていますから、破壊するときにそれなりの痛みが生じます。
腕や足の産毛を施術するときより、ワキ毛やアンダーヘアなどの太い毛を施術するときの方がかなり痛いのです。
しかし、ニードルのように激痛が走って、途中で施術を中止してしまうほどひどい痛みではないので安心してください。
施術時間は10分程度と短いですし、痛いのもその程度だったら我慢できますよね。

完了するまで何度か通う必要がありますが、剛毛の方が寧ろ通う回数が少なくて済むのでレーザーがおススメです。